トイプードルちゃん用のドッグフード、どれがおすすめ?

かわいいトイプードルちゃんい食べさせるドッグフードで悩まれる飼い主さんは、多いのではないでしょうか?
毛のツヤが悪かったり、皮膚アレルギー-が出てしまう場合にはフードが合わなかったり、主原料のたんぱく質の肉質が悪いことも原因のひとつとして考えられます。
本来肉食の犬にとって、肉や魚の動物性たんぱく質は重要です。
愛犬の筋肉や骨、血液や皮膚、被毛や内臓の健康を維持するために欠かせない栄養素であり、代謝や免疫力を高めることで健康をサポートしてくれるのです。
比較的安価なドッグフードは添加物も多く使用され、原材料や使用されている肉の質があまり良くない場合が多いのです。
肉の含有率も低く、小麦やトウモロコシなどの炭水化物の穀類でかさ増しされているフードは、でんぷんや穀類を分解する酵素を口内にもたない犬の消化器官に負担をかけてしまうと言われます。

ドッグフードのせい?毛のツヤ、目ヤニが心配…

愛犬に安心して与えられるフードは、良質なたんぱく質が使われているものが安心なのです。
体質に合わない質の悪いドッグフードは、様々な体調不良の原因となります。
鼻涙官のつまりが原因の目やに涙やけ。
体臭がきついときは皮脂腺からの分泌物の臭気が原因となります。
たんぱく質はアンモニアやアミンなどに分解され、体臭や体調不良の原因になることがあるのです。
また毛並みや毛のツヤが悪い、皮膚のかさつきも、たんぱく質の質の悪さと体質の合わないことが原因として考えられるのです。

ドッグフードにはどんな栄養素が必要か調べてみました

良質なたんぱく質の肉類には、高タンパクで低脂肪、アミノ酸をバランス良く含むチキン。
低カロリーで低アレルゲン、脂肪の燃焼をサポートするカルニチンを含むラム肉。
高タンパクで低脂肪、鉄分やカルシウムを豊富にふくむターキー。
高タンパクで低カロリー、ミネラルを豊富にふくみ低アレルゲンなペニソン(鹿肉)などがあり、犬の嗜好によって食いつきも異なります。
犬の健康を維持してくれる安心して与えられるドッグフードは、年齢や運動量に合わせて低カロリー、高タンパクなど肉のタイプを選び、様々な栄養素がバランス良く摂れる、良質なたんぱく質を原材料にしたドッグフードを選ぶことが大切なのです。

こちらもおすすめ⇒トイプードル ドッグフード ランキング