急激に痩せるのはダメです!

体型の変化はすぐに表れるわけではないと思います。
急激に痩せるということは免疫力の低下につながりますので、ゆっくりと計画を立てたダイエット方法を選び、それを繰り返して、少しずつ体重を減らしていくのがいいでしょう。
体重が少なくなったからとやめてしまうと、すぐに戻ってしまいがちですので、少なくとも3ケ月は繰り返しましょう。
本格的腹式呼吸を身につければ、基礎代謝が上がる可能性があると聞きます。
しょうが湯を飲む、ストレッチをする、上半身だけゆっくりとバスタイムしたり、代謝を上げるのもかなり大がかりだなと思っていた時だったので、とりあえず呼吸法を完璧にして、いつでも気軽に代謝を上げたいと考えます。
ダイエット期間の間食は絶対ダメです。
間食でつまんだものが、例えスナック菓子などではないとしても、食べただけ、太っていくという現実を頭に入れておいてください。
過度の我慢も良くないけれど、朝、昼、夜の三回の食事を忘れずに、あとは食欲をコントロールできるように体質改善ができるといいですね。
出産をしてから、重くなった体を出産前の状態にもどすために、ダイエットとプラスして人生でしたことがなかった筋トレをしました。
100%母乳で子育てをしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。
そういったこともあり、半年ぐらいである程度元の体型に戻ることができました。
ダイエットを長期間していると、いつの日か、カロリーを計算しなくても、摂取したカロリーの大体の量が当てられるようになります。
主食と主菜、副菜をこの程度食べたので、昼食の摂取カロリーはこのくらいという具合に予想できるのです。
私にもデブだった時があるので、仕方ないのですが、少しおセンチな気分になります。
人は、年を取っていくにつれて、体を動かしていく機会も減り、基礎代謝が下がっていく気がします。
そのためか、せっかくダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。
やっぱり、体質を変えるところがスタートです。
まず始めに、体を温かくするために、生姜湯から、行いたいと思います。
寒い冬には良い飲料ですし、これがあれば代謝がアップするでしょう。
有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと効果が見られないといわれてきましたが、今は何度かにわけてもせめて20分運動していれば効果があるのではないか?といわれています。
他方で、従来の筋トレのほとんどは酸素を利用しない運動ですが、継続する軽い運動、短い時間に行うハードな運動を交互い行うことでそれぞれの効果を引き出すことが可能です。
ダイエットの決心をしたその瞬間が、一番のモチベーションに満ち溢れている状況でしょう。
ダイエットをやり遂げる為には、痩せるぞ!絶対!という思いをとにかく、長く保持させることが、大切なんですよね。
最初にマジで頑張りすぎると挫けやすくなってしまうので、優しく始めましょう。

参考になるサイト ⇒ 本気で痩せる方法